メニュー

TSDの魅力ABOUT

東京システム開発の研修

システムソリューション2部 田中 佑季

東京システム開発を選んだ理由

プログラマーの仕事を選んだのは、手に職をつけたいという考えからでした。就職活動で自分を見つめ直す機会が増えた時に「これから生きていくうえで自分には武器になるものが何もない!」と気づき、そこで、仕事をしながら何か身に付けられることがないか探す中で、SE/プログラマーという仕事に興味を持ちました。大学では文系の学科を専攻しており、プログラミングは理系というイメージが強かったのですが、SE/プログラマーの仕事は企業で学びながら身に付けられるということ、また意外にも文系出身も多いと知り、それまで感じていた距離がぐっと縮まりました。

そんな中で東京システム開発を選んだ理由のひとつが研修期間の長さです。プログラミングに関する知識が全くなかったため、企業を探すときは「プログラミングの初心者でも働くことができるかどうか」を重視していましたが、初心者を受け入れる多くの企業が2-3か月で研修を終えるのに対し、東京システム開発の研修は、新入社員研修から本社研修、OJT研修を合わせて6か月という長さで、「プログラムを一からじっくり学びたい」と思っていた私にとって非常に魅力的でした。

東京システム開発の研修

新入社員研修は、いくつかの企業の新入社員が集まり、ひとつのクラスとなって行いましたが、周りが同年代ということもあり、あまり気を張らずに臨むことができました。まずは教科書で学びながら、出された課題をこなすというかたちで進んでいき、研修の後半ではどんなプログラム作るかを自由に決めて、実際にプログラミングをしてみる機会もあるなどと、非常に充実していました。やはりはじめのうちは理解できないことも多く、プログラムのサンプルを写すだけでもひと苦労でしたが、初めて自分でつくったプログラムが動いたときは本当に感動しました。次はどんなことをしてみようという気持ちもわいてきて、モチベーションもあがります。

本社研修の後のOJT研修は実際の現場で行われるため、会議にも出席し、業務も任されます。現場の緊張感を直接肌で感じることができ、よい刺激になりました。聞いたことのない言葉が毎日のように飛び交うので、自分から調べたり、OJTの先輩に尋ねたりと積極的な姿勢が非常に重要になってきます。

最初はあまり理解できなかったことがわかるようになったときは、本当に嬉しさがあり、力が身に付いていると実感できます。これから東京システム開発でどんどん実務の経験を積んでいくのが楽しみです。

その他のTSDの魅力を見る

  • bnr 01 off
  • 東京システム開発の技術
  • 東京システム開発が選ばれる理由